Wi-Fi

【M2M,IoT市場で拡大中】LTE内蔵WiFiルーターの最新製品比較

aso_gazo00

こんにちは。製品開発部の麻生です。
 
前回、「バスWiFiの現状とLTE内蔵WiFiルーターで出来ること。」というテーマで
弊社よりリリース予定のLTE内蔵WiFiルーターの紹介をさせていただきました。
 
LTE内蔵WiFiルーターは、市販のルーターに比べると、
なかなか目にする機会が少ないかと思いますが、
現在急速に拡大しているM2MやIoT市場での活用が見込まれています。
 
現在の活用事例として、自動販売機の在庫情報を集約・管理するための
データー通信や監視用のネットワークカメラ、
デジタルサイネージなどの映像配信等に利用されています。
モバイル回線の高速化、部品の小型化、
WiFiの普及などを背景に活用範囲がますます広まっています。
 
そこで今回はLTE内蔵WiFiルーターを提供している各社の最新モデルについて
モバイル回線・WiFi・通信の安全性(VPN)を中心に
各社の特徴と合わせて紹介していきたいと思います。
 
 
【セイコーソリューションズ】
aso_gazo01
■MB-A110(Wi-Fi有り)
・URL:http://www.seiko-sol.co.jp/hardware/mb/mb-a100/index.html
・モバイル回線:LTE、3G
・WiFi:2.4G帯(IEEE 802.11b/g/n)、5G帯(IEEE 802.11a/n)
・VPN:未対応
 
WiFiの周波数帯が2.4GHzと5GHzの両方に対応。また対応電圧がDC9 ~ 32Vと幅広く、様々な電源環境に対応できる点が特徴です。
 
 
 
【NECマグナスコミュニケーションズ】
aso_gazo02
■uM300L
・URL:http://necmagnus.jp/m2m/um300l.html
・モバイル回線:LTE、3G
・WiFi:2.4G帯(IEEE 802.11b/g/n)
・VPN:IPsec、PPTP、L2TP、VPNパススルー
 
WDT(ウォッチドッグタイマ)を利用した自己復旧機能や定期(時間指定)リブート機能、
温度異常時の通信閉鎖機能を搭載しており、安全制御機能が充実している点が特徴です。
 
 
 
【センチュリーシステムズ】
aso_gazo03
■FutureNet NXR-G100/NLW
・URL:https://www.centurysys.co.jp/products/router/nxrg100nlw.html#Feature6
・モバイル回線:LTE
・WiFi:2.4G帯(IEEE 802.11b/g/n)
・VPN:IPsec・L2TP
 
有線ポートがGigabit Ethernetに対応しているため、
有線部分においても高速通信が可能。加えてタグVLANにも対応している点が特徴です。
 
 
 
【株式会社IDY】
 
aso_gazo04
 
■iR700B
・URL:http://idy-design.com/product/m2m_router/ir700b.html
・モバイル回線 :LTE、3G、WiMAX2+、PHS
・WiFi:2.4G帯(IEEE 802.11b/g/n)
・VPN:IPsec・L2TP
 
モバイル回線がWiMAXやPHSにも対応しており、
多種多様な通信の利用が可能。また外部インターフェースが
WAN・LANの他、RS232/485、DIO、USB2.0、microSDと豊富な種類を使える点が特徴です。
 
 
 
【NEC】
 
aso_gazo05
 
■UNIVERGE WA2611-AP
・URL:http://jpn.nec.com/univerge/wa/lineup.html?#WA2611-AP
・モバイル回線 :LTE、3G
・WiFi:2.4G帯(IEEE 802.11b/g/n)、5G帯(IEEE 802.11a/n/ac)
・VPN:IPsec・L2TP
 
WiFiの通信規格が最新の11acに対応。
また有線ポートが5ポート装備されており、
各種認証機能(IEEE802.1X、MAC認証)にも対応しているため、
小規模オフィスや店舗への導入にも活用できる点が特徴です。
 
 
 
【ファイバーゲート】
aso_gazo06
■FGN1000LTE
・URL:http://www.fg-products.com/products_detail/fgn1000lte.html
・モバイル回線 :LTE、3G
・WiFi:2.4G帯(IEEE 802.11b/g/n)、5G帯(IEEE 802.11a/n/ac)
・VPN:対応予定
 
WiFiの通信規格が最新の11acに対応。
また、1Gのデュアルコアプロセッサを搭載により、
多彩な機能を高速処理できるため、複数の端末からのWi-Fi利用の場合も、
それぞれのパフォーマンスを落とさずに、処理することが可能です。
加えて、弊社独自のプラットフォームとの連携により
独自コンテンツの配信・マーケティング情報の取得ができる点が特徴です。
 
 
 
 
以上、各社のLTE内蔵WiFiルーターを紹介させていただきました。
比べてみますとモバイル回線については多くがLTE,3Gに対応しており、
一部WiMAXやPHSにも対応している製品がありました。
 
WiFiにおいては、周波数帯が2.4GHzのみの製品、
2.4GHzと5GHz両方に対応している製品があり、
通信規格においては一部の製品で最新の11acまで対応しているなど、
各社により対応の違いが見られました。
 
VPN機能については、概ね各社製品に搭載されており、
利用用途の性質上セキュアな通信が求められていることが分かります。
今後はモバイル回線の特性とWiFiを通じたサービスとの組み合わせにより、
新たな分野での活用やサービスの提供が期待されます。
 
次回以降はLTE内蔵WiFiルーターの活用事例などを紹介していきたいと思います。

Facebook

ページトップへはこちらをクリック