Wi-Fi

バスWiFiの現状とLTE内蔵WiFiルーターで出来ること。

aso_title

こんにちは。製品開発部の麻生です。
前回、弊社石川の記事で“飛行機Wi-Fi”の現状をレポートさせていただきましたが、今回は“バスWiFi”の現状についてレポートしていきたいと思います。
 
 
また、近日弊社よりリリース予定のLTE内蔵WiFiルーター
『FGN1000LTE』についても紹介をさせていただければと思います。
 
 
さて、様々なメディアで取り上げられているように、
昨今の外国人観光客数の増加に伴い、
観光バス業界においても外国人観光客数の利用が増えてきています。
 
 
観光バス大手の「はとバス」の発表によると、
2014年度の訪日外国人向けのツアー客数は
前年比の123%と大幅に上昇しているようです。
 
 
【参考URL】
http://www.hatobus.co.jp/newsrelease/2015/150710.pdf
 
 
aso_bar1
 
 
外国人観光客が増えるなかで、実際にどのようなサービスが求められているのでしょうか。観光庁による外国人観光客へのアンケート結果によると、旅行中に困ったこととして、公衆無線LAN(WiFi)環境が上位に掲げられています。
 
 
aso_gazo1
 
 
このような背景から大手観光バス会社においてもバス内WiFiの導入が進んでいます。
 
 
●クラブツーリズム、外国人旅行で専用バスを導入、電源・Wi-Fi完備で
http://www.travelvoice.jp/20150204-36597

●日の丸自動車、スカイバス東京などで無料Wi-Fi提供、訪日客の利便性強化
http://www.travelvision.jp/news-jpn/detail.php?id=63100

●東京・渋谷などで東急電鉄が無料Wi-Fi観光バスを運行
http://news.mynavi.jp/news/2014/07/01/299/

●「サンライズツアー」「エクスペリエンスジャパン」フリーWi-Fiサービス開始!
http://www.jtbgmt.com/jp/news/2014/0422/

●高速バス車内・鉄道駅・富士急ハイランドに無料Wi-Fiスポットを開設
http://www.fujikyu.co.jp/data/news_pdf/20130417133017_20130326wifispot.pdf
 
 
aso_bar2
 
 
aso_gazo2
 
 
他の交通機関にくらべ、乗車時間が長い観光バスですが、
外国人観光客がバス内でWiFiに接続した場合の利用方法は以下が想定されます。
 
 
1)情報検索
2)Facebookなどに代表されるSNSの利用
3)Youtubeなどの動画視聴・ゲーム
 
 
とりわけ観光地を巡る観光バスにおいては、
SNSの利用が非常に多いことが推測されます。
観光地で撮影した風景や食べ物などを
SNS上にUPすることは万国共通のニーズといえます。
 
 
次に、観光バス会社側の視点でWiFiでどのようなことが出来るか?
 
 
4)観光情報を発信できる
5)自社HPへ誘導ができる
6)PR動画を配信できる
7)アンケートを実施できる
8)クーポンを配布できる
 
 
このように利用者にとって有益な情報を提供したり、
自社のプロモーションやコンテンツ提供の場として活用できるのではないかと思います。単にWiFi環境を提供するだけでなく、利用者に対する情報発信の場としてバスWiFiは大きな可能性を秘めていると感じます。
 
 
aso_bar3
 
 
aso_gazo3
 
 
最後に弊社より近日発売予定のWiFiルーター”FGN1000LTE”を
少し紹介させてください。
 
 
本機の一番の特徴は、LTE通信機能を内蔵しているところです。
この機能により、設置場所の制約を受けずにWiFi環境を構築することができます。例えば次のような場所でも簡単にWiFi環境が実現できます。
 
 
●バスやフェリーなど動きを伴う場所への設置
●光ファイバーの工事が難しい場所への設置
●イベント会場など短期間だけ使いたい場所への設置
 
 
また、回線工事が不要なため、
よりスピーディーにWiFi環境を整えることができます。
 
 
その他の特徴としては、
 
 
■最新のWi-Fi規格「11ac」に対応 
電波干渉の少ない5GHz帯の利用により高速なWiFi通信を実現します。
 
 
■デュアルコアCPU 1GHzを搭載したハイスペック仕様
多彩な機能を同時に高速処理することで安定した高速通信を実現します。
 
 
■独自コンテンツの配信・マーケティング情報の取得
FGN1000LTEと独自コンテンツ(オプションサービス)の組み合わせで実現します。
 
 
さらに詳しい内容を知りたい方は、
弊社プロダクトサイト:http://www.fg-products.com/
よりお気軽にお問合せください。
 
 
最後までご覧いただきありがとうございました。
今後も様々な業界のWiFi導入事例について紹介していきたいと思います!

Facebook

ページトップへはこちらをクリック